土地を活かすなら賃貸住宅経営

  • 土地を何も活用しない、いわゆる更地のままで放置しておくと固定資産税や相続税などの税金が驚くほどかかります。また、駐車場にしても節税のメリットはあまり期待できません。
    一方、賃貸住宅を建てることにより大きな節税効果が生まれます。景気の波にも大きく影響されることなく、また知識や経験がなくても手軽に始めることが可能です。
    こうした理由から、賃貸住宅経営は王道とも言えます。
  • 土地を活かすなら賃貸住宅経営

賃貸住宅経営のメリット

長期にわたる安定収入が得られる
  • 市場特性に合わせた建物を建て、事業がしっかりと軌道に乗れば、その後、数十年にわたって毎月安定した収益を得ることができます。
    今日のように景気低迷が長引く中においては、将来にわたって安定した収入を得ることができる賃貸経営は、最も魅力的と言えるでしょう。公的年金に対する不安が強まる昨今、年金に代わる収入源として、賃貸住宅経営に乗り出す人も増えているようです。
  • 長期にわたる安定収入が得られる
さまざまな節税効果が期待できる
  • 更地に賃貸住宅を建てることで、「貸家建付地」として土地の評価が下がり、固定資産税や相続税などの節税効果が得られます。
    固定資産税については、200平方メートルまでについては6分の1に、200平方メートルを超える部分についても3分の1にまで軽減されます。都市計画税も200平方メートル以下の部分が3分の1に、200平方メートルを超える部分についても3分の2になります。さらに、相続税についても建築のための借入金が全額相続財産から控除されます。
  • さまざまな節税効果が期待できる
専門知識、経験がなくても始められる
  • 賃貸住宅経営を始めるために、何か特別な資格は必要ありません。開業にあたっての手続き、免許等も不要。税務関係で税務署に書類を出すだけで、誰でも簡単に始められます。
    さらに、土地の評価や建築にあたってのプラン立案は住宅メーカーに、さらに入居者の募集や管理などは不動産仲介業者などに任せることができます。このほか、法律や税務についても専門家に相談することができます。
  • 専門知識、経験がなくても始められる
手間をかけない運用が可能
  • 賃貸住宅経営では、いったん事業が軌道に乗れば他のビジネスと比べて運営にかかる手間は大幅に少なくて済みます。
    住宅完成後はオーナー自身で経営にあたることもできますが、一括借上システム等を使って運用を依頼すれば、さまざまな煩わしい実務から開放されます。
  • 手間をかけない運用が可能
経済状況に左右されず資産保全ができる
  • 賃貸住宅の家賃は経済状況に左右されにくいため、資産としての目減りが少ない点も魅力の一つです。たとえば、デフレが続く昨今、モノの値段は大幅に下落していますが、家賃相場は安定して推移しています。また、融資・預金金利が低利率化している今、投下資金に対する賃貸住宅経営は利回りの高さからも注目を浴びています。
  • 経済状況に左右されず資産保全ができる

このページのTOPへ

  • 01土地を活かすなら賃貸経営
  • 02失敗しない賃貸経営のポイント
  • 商品ラインナップ
  • 賃貸を探す
  • 資料請求はこちら電話でのお問い合わせ 03-5524-8555 平日9:30~18:30