失敗しない賃貸経営のポイント

  • 賃貸住宅経営も、一般企業の経営と同じ事業の一つです。
    これから手がけようとする場合は、綿密な市場調査と計画が必要となってくることは言うまでもありません。
    成功のカギは、エンドユーザーである入居者に満足していただける住まいを提供すること。土地の特性、地域特性等を考慮した上で、10年、20年後までのビジョンを示してくれる業者を選ぶべきでしょう。
  • 失敗しない賃貸経営のポイント
入居者のニーズに合った住宅を建てる
  • 長期にわたって安定した賃貸住宅経営を行うためには、まず、退去者がでにくい建物を建てることが大切です。
    入居者に「いつまでも、ここに住み続けたい」と思ってもらうためには、なによりも生活音などトラブルの少ない建物であ ること。また、部屋の広さ、天井の高さに余裕があること。
    さらに、快適に暮らすための設備が充実していることはもちろん、セキュリティ面にも配慮していなければなりません。
  • 入居者のニーズに合った住宅を建てる
競争力がある建物を建てる
  • 賃貸住宅の品質は年々、レベルアップしています。そうした中で選ばれる賃貸住宅になるためには、洗練されたデザインやハイグレードな設備など、建物に他のアパート・マンションにない特徴を持っていることが重要です。
    周辺の賃貸住宅にひけをとらない設備とグレード感があり、なおかつ適正な家賃設定をすることにより、安定した経営を実現することができます。
  • 競争力がある建物を建てる
低金利の資金で無理なく返済する
  • ローン借入れの金利が低いと、当然、毎月の返済額が比較的小さくなり経営に余裕が出ます。したがって、建設資金の借入金利はわずかでも低く抑えるようにしましょう。
    また、低金利が続く昨今は、賃貸住宅建設にとって好機と言えます。
  • 低金利の資金で無理なく返済する
実質利回りが少しでも有利なプランをつくる
  • 実質利回りとは、家賃収入から固定資産税、火災保険料、賃貸管理費、建物管理費、修繕積立金といった諸経費を引いた金額を、建物の購入費用で割った数値です。

    実質利回り=(年間収入-年間支出)÷購入価格

    このように、毎年かかる税金や管理費等のランニングコストを差し引いて算出されているため、収益力を正確に判断することができます。

  • 実質利回りが少しでも有利なプランをつくる
信頼できるパートナーを選ぶ
  • 賃貸住宅経営は、建物を購入してからが本当の始まりです。その後、何十年にもわたる息の長い事業をしていくことになるわけですから、きめ細かなサポートをしてくれる業者を選ぶ必要があります。入居者の募集から入居者チェック、家賃集金、クレーム処理、契約更新、建物の補修・メンテナンス等、賃貸経営のノウハウに精通した管理会社を選ぶことが大切です。
  • 信頼できるパートナーを選ぶ

このページのTOPへ

  • 01土地を活かすなら賃貸経営
  • 02失敗しない賃貸経営のポイント
  • 商品ラインナップ
  • 賃貸を探す
  • 資料請求はこちら電話でのお問い合わせ 03-5524-8555 平日9:30~18:30